商品紹介

商品紹介

商品ラインナップ

グリーンキウイ MIKOGREEN

グリーンキウイ MIKOGREEN

グリーンキウイ MIKOGREEN

最もポピュラーなヘイワード種。
硬いうちは酸っぱいけれど、食べごろに熟すと甘みと酸味のバランスが良い美味しさ♪毛におおわれた外皮に守られた、鮮やかなエメラルドグリーンの果肉が特徴です。キウイ好きも唸る⁈
MIKO農園こだわりのキウイです。


豆ちしき

甘みも酸味もあるキウイフルーツは食べごろが重要!
硬いうちは冷蔵庫にしまわないのが正解です◎
食べごろの見分け方と保存方法について、詳しくはページ下部をご覧ください。

甘みも酸味もあるキウイフルーツは食べごろが重要!硬いうちは冷蔵庫にしまわないのが正解です◎食べごろの見分け方と保存方法について、詳しくはページ下部をご覧ください。

ゴールデンキウイ Dori(ドリー)

ゴールデンキウイ Dori(ドリー)

ゴールデンキウイ Dori(ドリー)

イタリア生まれの新品種。
甘みしっかり、程よい酸味で一度食べたら止まらない美味しさ♪キレイな黄色い果肉が特徴です。
2018年、チリから日本へ初出荷!ぜひお試しください。


豆ちしき

イタリアは、世界でも有数のキウイフルーツ生産国。生産量は中国についで世界第2位を誇るキウイフルーツ国です。

イタリアは、世界でも有数のキウイフルーツ生産国。生産量は中国についで世界第2位を誇るキウイフルーツ国です。
Q. MIKOってなに?
A. ニュージーランドキウイの生産者が、フルーツ大国チリでプロデュースした新しいブランド。
オーナーは、キウイ栽培20年以上のベテラン生産者です。

Q. MIKOはどこで育ったの?
A. 首都サンティアゴ近く、フルーツ名産地のセントラルバレー。
砂漠もツンドラ地帯も有する南北に長い国土のチリですが、
セントラルバレーは地中海性の安定した気候です。

Q. なぜチリ産なの?
A. おいしいキウイを栽培する条件がそろっているから。

乾燥しているため害虫も少なく農薬の使用も少なく済む、キウイフルーツの栽培にぴったりの環境です。
自然の恵み豊かなチリから、おいしいキウイフルーツをお届けします。

生産者の熱意
通常、受粉はミツバチを放って行いますが、オーナーは、「受粉はキウイの味に大きく関わっていて蜂だけでは不十分」だと考えていて、人の手によるスプレー受粉も実施しています。美味しいキウイのためのこだわりをたくさん 持っています。

フルーツに栄養が多く蓄えられる、環状剝皮(かんじょうはくひ)を実施しています。根っこに行くはずの栄養を果実 に戻す技術で、糖度アップと果実を大きくするため 2 度行います。

美味しいものを届けたいと努力している農園の、厳選したキウイフルーツだけが MIKOとして出荷されます。 自然が与えてくれた好環境のもと、生産者の技術と熱意により、味と品質の安定した MIKOのキウイフルーツが生産されています。

収穫時期の早すぎるキウイは美味しく熟しません。MIKOのキウイフルーツは、果実の糖度と熟度を重視し、ニュージーランド同等の収穫基準を設定しています。


その他にも葉や枝の這わせ方、土質の栄養管理、選別基準に至るまで、豊富な知識と経験をもとに全面的な技術指導を行っています。

熟練の栽培技術

フルーツに栄養が多く蓄えられる、環状剝皮(かんじょうはくひ)を実施しています。根っこに行くはずの栄養を果実 に戻す技術で、糖度アップと果実を大きくするため 2 度行います。

美味しいものを届けたいと努力している農園の、厳選したキウイフルーツだけが MIKOとして出荷されます。 自然が与えてくれた好環境のもと、生産者の技術と熱意により、味と品質の安定した MIKOのキウイフルーツが生産されています。

収穫基準

収穫時期の早すぎるキウイは美味しく熟しません。MIKOのキウイフルーツは、果実の糖度と熟度を重視し、ニュージーランド同等の収穫基準を設定しています。

収穫基準

その他にも葉や枝の這わせ方、土質の栄養管理、選別基準に至るまで、豊富な知識と経験をもとに全面的な技術指導を行っています。

トレーサビリティ
畑から店頭まで箱ごとにバーコードで管理、追跡が可能。安心安全なキウイフルーツをお届けすることができます。
食べごろの見分け方

キウイフルーツは、食べるタイミングが重要!

キウイ全体を手で包み込み、柔らかさを見る方法もあります。
※品質を損なってしまう原因になりますので、強く押さないことがポイントです!

もしもキウイが固いと感じたら...?

なぜ、リンゴやバナナ?・・・エチレンを放出する果物だからです。
※エチレンとは、果物や野菜の成長に必要な炭化水素の一種で、果物を熟しやすくする効果があります。

キウイフルーツは木の上で熟さず、収穫してから追熟して美味しくなる果物。 キウイは酸っぱいと思っている方もいるかもしれませんが、食べ頃のキウイは甘みと酸味のバランスが良く爽やかな味わいです。

トレーサビリティ
畑から店頭まで箱ごとにバーコードで管理、追跡が可能。安心安全なキウイフルーツをお届けすることができます。

食べごろの見分け方

キウイフルーツは、食べるタイミングが重要!

キウイ全体を手で包み込み、柔らかさを見る方法もあります。
※品質を損なってしまう原因になりますので、強く押さないことがポイントです!

もしもキウイが固いと感じたら...?

青果物のため個体差がある為、硬い場合は常温で保存してください。リンゴやバナナなどの果物と一緒に袋に入れて保存すると、早く熟すことが出来ます。

なぜ、リンゴやバナナ?…エチレンを放出する果物だからです。※エチレンとは、果物や野菜の成長に必要な炭化水素の一種で、果物を熟しやすくする効果があります。

キウイの栄養素

キウイフルーツは栄養たっぷり

キウイの栄養素

キウイフルーツは栄養たっぷり

ビタミンC
美容と健康にたいせつなビタミン
健康な肌や骨づくり、ストレスに打ち勝つために必要な栄養素。ビタミンCは水溶性の為、とり過ぎても排出されてしまうので毎日補給する事が望ましいです。
ビタミンE
若返りのビタミン
抗酸化作用があり、活性酸素の害を抑えることが期待されています。 また、ビタミンCと同時摂取することで、相乗効果が期待できます。
食物繊維
お腹の調子を整える2種類の食物繊維
不溶性食物繊維は、便のかさ増しや腸の運動を活発にし、便通を促します。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を穏やかにし、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。
カリウム
身体の水分バランスを整える
塩分を身体から排出する働きがあるため、高血圧予防やむくみ予防に役立ちます。
葉酸
造血のビタミン
特に妊婦さんに必要な栄養素です。熱に弱いのでキウイなら生で食べられるのもポイントです。
アクチニジン
グリーンキウイ特有のタンパク質分解酵素
肉や魚のタンパク質を分解し、消化を助ける働きがあります。